頬のたるみの原因

頬のたるみの原因としてまずあげられるのが皮膚の弾力の衰えであり、いわゆる老化現象のひとつとされています。

肌の張りはコラーゲンによって保たれています。

人間の体はある程度は自前でコラーゲンを作ることができますが、年を取るとコラーゲンの量が減り、たるみの原因になります。

コラーゲンを作るために必要な栄養が、年を取ると血流の停滞などで届きにくくなり、結果的にコラーゲンができづらくなってたるみの源になります。

加齢の他にも、頬のたるみの理由は存在します。

日々のストレスや紫外線等による影響など、活性酸素が発生した場合におきるコラーゲンの破壊も要因のひとつとされています。

体重が増えるなどで皮膚の内側の脂肪が多くなると、重くなったぶんの皮膚が下に引かれてたるみになります。

頬のたるみの原因

急激に痩せると皮膚が余ることによりたるんでしまうケースがあり、急激なダイエット急激な肥満も要注意です。

顔の表情を作る筋肉は、皮膚のハリがなくなると重力に引かれて下がりやすくなり、頬のたるみを作ります。

年齢の影響などで顔の筋肉が減ったことで、皮膚がサポートを失ってたるむケースもあります。

むくみやすい人もたるみの理由になります。

スキンケアをしっかり行わず、不要な水分をどんどん摂取していると体内に水が溜め込まれます。

これらがむくみの原因となり、むくんだ部分がたるみになります。

結果頬のたるみとなり、ブルドックの様な頬へとつながるとされています。

記事メニュー

  • お問い合わせ
  • プライバシーポリシー
  • 更新:2017/10/22